【産地直送・送料無料】  生子輪型切高台鉢 30号 (1723-01)【ガーデニング・樹木・花木・観葉植物・寄せ植え】【信楽焼 植木鉢 大型】

【産地直送・送料無料】  生子輪型切高台鉢 30号 (1723-01)【ガーデニング・樹木・花木・観葉植物・寄せ植え】【信楽焼 植木鉢 大型】

¥400,000税込  ¥200,000税込

商品説明




色の具合、変形具合、細かい細工、釉薬のかかり具合等は1鉢1鉢異なります。写真の大体のイメージを御参考にしていただきますようお願いいたします。


商品解説
品名生子輪型 30号
品番
用途ガーデニング・観葉植物・寄せ植え等
サイズ基本 幅93cm 高54cm 重さ-kg
特徴
送料に
関して
※この商品は送料無料です。植木鉢等は7000円(税別)以上で送料無料。
北海道、沖縄は別途料金が必要です。
植木鉢との同梱は、植木鉢以外にも園芸資材・植物も同梱可能な場合は受注させていただきます。
但し陶器製の植木鉢は「われもの」につきまして、輸送中の破損事故が考えられます。御注文の内容によってはその組み合わせに同梱不可な商品及びメーカー直送の場合もございますので詳しくはメールにてお尋ねください。


信楽焼について
【信楽焼の歴史】
日本六古窯の一。滋賀県甲賀郡信楽町。その創始は太平時代に遡り、隣接の伊賀丸柱焼と関係があったとも伝えられる。信楽では古くから種壷などの農具や雑器を焼き、これを古信楽という。
室町時代になって茶道が盛んになり、武野紹(たけのじょうおう)や千利休が指導して上手の茶器をつくらせた。いわゆる紹信楽、利休信楽、遠州信楽である。
【信楽焼の特徴】

信楽焼の特徴は長石の混じった胎上で、焼け縮みが大きい。肌は一般に赤茶色、時に長石の溶けた乳白班が入る。元来無釉の焼締だが自然の灰釉がふりかかり、後代には調合した灰釉を用いた。大半は無銘。
ロクロ台にはさみ込んだ日本の桟跡を足駄印と称し、窯印に代用した作もある。盆器としては大物〜超大物の培養鉢も有名。

「近代出版発行 盆器大図鑑上巻」より引用
【現代の信楽焼植木鉢(水鉢を含む)の特徴】
1.伝統的な登窯による焼成は、こと植木鉢・水鉢に関しては焼かれなくなりました。
2.今日ではガス窯・重油窯による現代的な焼成法に変えられ、安定した焼きもの作りとなりました。
3.その結果、多様な釉薬が開発・使用されることが可能となり、従来の形のものから信楽焼の伝統を踏まえ、ろくろを使った手作り或はたたら作りによる手作りが高級感を醸しだし現代の信楽焼の充実ぶりと賑わいを生み出しているかと思われます。


信楽焼につきましてはイベント情報 陶器市 信楽焼でも紹介しております。

■山野草入荷情報はこちら
■(有)日本山草 山草展はこちら
■日本盆栽組合他 盆栽展はこちら